市民球場再生計画

7月31日
原爆投下の街にベースボールの灯火

貴重な声を紹介させていただきます。

一球さん、こんばんは。毎日暑い中お疲れ様です☆

今日の「市民球場チャンネル」ワタシも全く同じ意見です。

性懲りもなくオリンピックを招致すると躍起になっている広島市、言ってることとやることが全く違っている。矛盾だらけと言わざるを得ません。

ワタシは広島市に対して何度か「オリンピックを開催するのなら、今ある競技施設を生かして有効利用するべきだ」とのメールを送りました。もちろん市民球場も改修して使ってほしいと要望しました。
しかし何度送信しても返ってくるのは「市民球場は解体します。オリンピックに使用する予定はありません」ハンで押したような回答ばかりでした。

広島市は財政難ではないのですか?オリンピックに向けていくつも競技施設を作れるほど資金は有り余っているのですか?

ワタシは他県の人間だし地方自治体の経済には詳しくないのでよくわかりませんが、少なくとも「市民球場解体費用+公園整備費用+維持費+オリンピックのための新競技施設建設費用>市民球場改修費用+維持費」という計算式になるのではないかと想像されるのですが・・・いかがでしょうか?

今ある施設をなぜオリンピックのために生かして使わないか?なぜまだ使える施設を取り壊す一方で新しい施設は作りますと公言するのか?新しい競技施設はメイン会場とするビッグアーチからさほど遠くない場所に作るとのことですから、おそらくは広島市内でしょうね。
全く矛盾してませんか?
「市内に作ると言うのなら市内にある球場を使えばいいでしょう」と尋ねたら「いや、それはいりません」おかしな話ですね。
いよいよ“市民球場を消すことだけが目的“と符合してきました。

それでもオリンピックはまだ夢物語なので緊急性はないのですが、たちまち困るのが来年からの高校野球ですよね。これまで近場で試合ができていたのが、遠方まで出向いて行かなければならないとなると本当に大変だろうと思います。応援の交通費だってかさんできますよね。広島市民が広島市内で思う存分野球ができないのはおかしいんじゃないのか?そういった声はないのでしょうか?

こうなれば一刻も早くマツダスタジアムで予選の全大会が開催できるように、カープ球団と交渉すべきだと思います。例の「録音されたサイレン音」もこちらでみんなに話したら大爆笑でした。恥ずかしい・・・

誰のための球場か?もう市民も一緒になって使える球場はなくなってしまったと考えるべきなんでしょうか。

間もなく8月6日がやって来ます。
原爆慰霊碑から見える市民球場の照明塔、今年が見納めなんでしょうか・・・ならばもう見たくないとさえ思います。
今年は被爆から65年という節目の年。だからというわけではないでしょうが、アメリカから初めて代表者が出席されるそうですね。それならばなおさら市民球場は見てもらいたいですね。
アメリカのもたらした核兵器で壊滅した街、グラウンドゼロのその場所に復興の火が灯った、それは奇しくもアメリカからやって来たベースボールであったと・・・

これが最後ならどうしてもここだけは見てほしい。そう思います。

以前にも書かれてましたが、市民球場を再度アピールするなら8月6日です。原爆との切っても切れない関係を全国に向けて無理なく発信できると思います。

市民球場閉鎖まであと1ヶ月。思い出に浸る暇があれば広島市の矛盾点を突いてどんどんメールすることにしましょうか。解体差し止めの請求もやろうと思えばできると聞きましたが・・・

閉鎖に向けてカウントダウン、コイの群れは大迷走・・・何とも憂鬱な8月にしないためにも☆


石原軍団マネージャー

ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w