市民球場再生計画

9月7日
いよいよ住民投票実施へ
「広島市民球場の歴史と未来を守る会」(永井健二代表)は8月23日、広島地裁に「旧市民球場解体差し止め仮処分申請」を行ったのに続いて、「住民投票実施を広島市に請求する」方向で調整に入った。さらに12日には広島市内でパレードを行う予定だ。

パレードは午後1時30分までに元の広島市民球場前で意思統一集会を行ったのち午後2時スタート、本通り・金座街・福屋まで行って、市民球場前まで戻る。「守る会」では「一人でも多くの市民に参加してもらうため、パレードへの参加チラシも作成中、100名以上が目標。球場解体の反対の思いを胸の中にしまっておられる方はぜひ、一緒しませんか」と呼びかけている。

ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w