市民球場再生計画

9月24日
住民投票実施へニの矢!

旧広島市民球場の歴史と未来を守る会のメンバーが広島市役所を訪れ、広島市の示す「球場跡地整備計画」の是非を問う住民投票を行うための「実施請求書」を提出した。

守る会ではすでに「球場解体の是非を問う」住民投票実施に向けた請求書を提出しているが、こちらは「門前払い」されたかっこうで、「二の矢」が放たれた格好。

なお請求者は前回が土屋時子代表代行、今回が堀治喜氏。

広島市は「球場解体問題は住民投票するような大きな問題ではない」との主張で前回の棄却を決定しており今回は「跡地に市税を獏大に投入する整備計画」についても「重大な問題でない」との結論に達するのか、否かが注目される。
ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w