市民球場再生計画

10月18日
10・24イベント詳細

広島市民球場を壊すのか?残して考えて、広島の未来を切り開くのか?

広島市が「球場バラ売り」の公開オークションを元の広島市民球場グラウンドで実施する10月24日(日)、旧広島市民球場の歴史と未来を守る会でも大々的なイベントを計画、広く県内外からの参加者を募集している。

広島市のイベントに合わせて同じく10月24日の午前10時から午後4時まで、場所は「元の広島市民球場前」で開催され、イベントのタイトルは「感動ふたたびフェスティバル」

イベントのラストでは参加者全員で手をとりあって球場をグルリと取り囲み、これまでの感動に感謝の意を示すとともに、これからも新たな感動が続くことに祈りを込める。

そのほかでは、広島市の示す球場跡地整備案に対する「住民投票」の実施に向けての声を高めること、オリンピック招致の賛否についても市民の考えを深める。

また、市民球場再活用のためのオークションも実施。主催者側では「広島市民球場の思い出の品、カープグッズ、選手のサインボールなど、ぜひお持ち寄りください」と呼びかけている。
なお、このイベントに先立ち、23日(土)午後7時から「旧広島市民球場を語り呑もう会」も開催される。場所は「ばつぐん」(広島市中区十日市町町2-10-18、TEL 082-296-4060)で「市外から参加される方は仮眠可となっていますので、こちらもぜひ大勢の方をお待ちしています」と主催者側は呼びかけている。
以上、お問い合わせ 070-5672-3058 「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」代表代行・土屋まで

ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w