市民球場再生計画

10月23日
市民球場を人間の輪でプロテクトせよ

あす、10月24日、広島市主催の広島市民球場ラストイベントと並行して「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」のイベントが開催されます。

ワタシも参加したいのですが、何せ、永久保存版に手がかかります故…

当チャンネルをご覧のみなさま、県内外から当チャンネルを通じて「守る会」活動資金を寄付されたみなさま、秋空の下、広島で開催されるこのイベントにどうかふるってご参加ください。

もちろん広島市の主催するイベントと「ダブルのお楽しみ!?」も可能です。

広島市主催のイベント「ありがとう市民球場」は午後11時から午後4時まで。参加自由で入場料無料です。

ただしスタンドのイスを勝手にひっぺがし、芝もバラ売りしたためスタンドは開放されず、土の上に市民らを座らさせるつもりなのでしょう。「敷物持参」なのだそうです。

参加された方は「洞察フルパワー」でぜひ、レポートしてみてください。現場ナマレポもお待ちしております。

会場では物品オークション(事前申し込み者)のほか、クイズ大会、ブルペンでの投球、バックヤードツアーなどが予定され、司会は中国放送、横山雄二アナほか。当チャンネルで長らく指摘する通り「中国新聞グループ」の手により跡地を利用(活用ではない)するためのプレイベントの意味合いが強いことが改めて洞察できます。

一方、市民球場の外には「守る会」の呼びかけで集まった市民らによる「市民球場の未来を守る」ための活動が行われます。

具体的には、広島市が理由もはっきりしないまま拒否した「球場解体」住民投票に加え、広島五輪招致についても「街頭住民投票」を展開。結果が楽しみです。

午後4時、広島市のイベント終了を待って、市民、ファンの思いを「結集」し、広島市民球場を人間の輪で取り囲みます。

それに先立ち、今日、午後7時から「旧広島市民球場を語り呑もう会」も開催されます。(ワタシは行けないのですが…)場所は「ばつぐん」(広島市中区十日市町町2-10-18、TEL 082-296-4060)で「市外から参加される方は仮眠可となっていますので、こちらもぜひ大勢の方をお待ちしています」と主催者側は呼びかけています。

以上、お問い合わせ 070-5672-3058 「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」代表代行・土屋さんまで。

最後にオマケです。

今日付、中国新聞が広島五輪について県内各競技の代表者に意見を聞いています。

その結果はまさに「けちょんけちょん!」という表現がぴったり。秋葉市政に対するスポーツ王国広島の重鎮たちの怒りが爆発しています。ワタシが「最強伝説、広島スポーツ100年」という1時間30分ドキュメンタリー番組でマイクを向けたこともある広島スポーツ界の第一人者、川村敦さん(県陸協名誉会長)は、いっさい相談も受けてないしすべての考えが甘いとバッサリ。ほかにも違和感あり、本末転倒とボロカスです。(無論、バランスをとるため賛同者も掲載されています)


一方、別の紙面や他紙で「オバマジョリティ」もボロカス!?です。秋葉市長の強引さが各方面で物議をかもし、ここにきて猛烈な逆風にさらされています。

明日もまた、この流れの中、大きな転機となることでしょう。マスコミも相当、注目しています。

当チェンネルをご覧の広島民放局、NHK関係者の方はぜひとも明日の市民球場イベントを全国ネットしていただきたいと思います!

ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w