市民球場再生計画

1月20日
JOCとしては何とかしたい模様!

中国新聞スポーツ面に「広島五輪、市原JOC理事に聞く」「新市長招致継続を」の見出しとインタビュー記事。

繰り返しになるが当チャンネルではすでに昨年の早い時期に市原専務理事に直接、今回の会見なき撤退のような秋葉市政について指摘。その何たるかを伝えようとしたが、聞く耳をお持ちにならず、この始末…。

創立100周年のJOCにとって、日本での五輪開催に向けた動きは何よりの話題作りになる。東京都はギブアップ、続いて広島も、となることを避けたいのがみえみえ。

真の広島魂を宿すなら市原専務理事も別の方策を探るべき。

同じく中国新聞に突然、秋葉市長の退任決意関連インタビューが掲載される。

ここまで拒否しておいて「これまで(中国新聞は)記事についていろいろ意見を言ったことはあるが(そりゃそうだ、中国新聞本社に乗り込んでまでコラムにクレームつけたりとか…)きちんと伝えようとする姿勢は感じられてきたから」

何さまか!メディア論をここで語ることはしないが、広島市のトップがメディアを選別してどうする?

広島・長崎の五輪共催を進めていたころには「みなさんのお陰で、おカネを使わず、大変宣伝できているじゃないですか」と得意げに言ってたハズですけど…。

ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w