市民球場再生計画

12月16日
サンフレVパレード、跡地でできれば…

きょう午後2時から、サンフレッチェ広島の優勝パレードが行われる。果たしてどれだけの人が集まるのか…?1975年、カープ初優勝以来の平和大通りでのパレード。天候にも恵まれ大変な人出が予想される。

パレードはオープンカー2台、オープンバス2台で平和大通り、田中町交差点付近をスタートする。時速約3キロで進み、NANクラウンホテル付近まで行進したあと、森保監督以下イレブンは原爆慰霊碑に献花。午後3時ごろから、平和記念公園正面噴水の東側の広場で優勝報告が行われる。

しかし、このスペースで本当に大丈夫か?サポーターは20年ぶりの優勝報告の一大イベントを十分に堪能できるだろうか?

ここですぐ頭に浮かぶのが解体された広島市民球場とその跡地である。

もしも、市民球場が存在していたらどれだけ良かっただろうか?

広島の街のど真ん中で、スタンドにサポーターをいっぱいに集めて優勝報告…。それこそ一番、広島らしい時間と空間になるのだが…。

まったく盛り上がらない来春開催の菓子博の会場として先ごろ、簡単なインフラ工事の始まった広島市民球場跡地。マツダスタジアム完成からすでに4年。広島で一番貴重な土地を放置せず、最低限のレベルでもいいから市民公園として早々に整備しておけば今日のような一大イベントにもってこいの場所だったのだが…。

そういう意味では平和記念公園をスタート地点としてマツダスタジアムで優勝報告を行う、というプランもあったはずだ。

広島市民球場であるマツダスタジアムをサンフレッチェ広島が使用することには何の問題もない。指定管理者であるカープ球団の協力さえ取り付ければOKだったはずだが…

ご意見はコチラ
ホーム
sports.c.w